2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨の隅田川花火

毎年楽しみにしている隅田川花火大会

今年は残念ながらいつものグラウンドのシート席は手に入りませんでした。


CIMG2280






雷雨注意報を出ている中、
それでも浅草に来てくれる、常連の花火フリーク達と道路で見物となりました。
大雨を予想して傘持参、カメラもコンデジです。



CIMG2257



隅田川花火大会として復活した頃、このあたりはビルもなく花火が"まるっと" 見えたのです・・・が



あれれっ なんとなく雨が・・・・



CIMG2263

始まってすぐ、もう傘を開きました。





かなり涼しい風がふいてきた・・・

CIMG2275





と 思ったとたん 大きな雨粒が・・・・

CIMG2269

20分弱で退散
近くの韓国家庭料理屋で花火の特番をTVで見ながら食事
10分後には花火大会中止のテロップ! 

2時間の特番の主役の花火が30分で終わってしまったのですから
それはそれは番組を繋ぐのが大変そうでした。


約78万8000人(主催者発表)の見物客が訪れていた。
予定された約2万2800発のうち打ち上げられた花火は約7900発だった。
主催者によると、順延はしないという。



隅田川花火大会は順延はあっても中止は初めてのことです。

葛飾の花火も荒天で中止でした。
こんなお天気だと今年の花火大会は荒れそうですね。



スポンサーサイト

| 東京あれこれ | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅草で風の盆

おわら踊りが浅草に来ました。

先日、父の友人から 「浅草の仲見世でおわら踊りの町流しをする・・・」と電話がありました。

越中八尾 おわら風の盆・・・富山県八尾市は父の生まれた所です。

昨晩、仕事を終えて友人と見物に出かけました。


踊りには「男踊り」「女踊り」があります。
DSC03198





胡弓の哀調の音色
高い声で息継ぎ無しに一節を歌う、とても難しい歌い方です。
DSC03204





DSC03208



宝蔵門前まで町流し、そこで輪踊りです。

DSC03219

格子戸と藏、往時の風情の八尾の町並みでこそのおわら踊り

やはり本場で見るのが一番です。

9月1日から3日間、八尾の町を一晩中ながす、おわら踊りのいくつもの連 

いつかまた行きたいです。

おわら風の盆HP

| 東京あれこれ | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サマーカットで若返り!

先日のトリミングでずっと伸ばし続けていたレオンの耳をカットしました。


夏ですから涼しげにね


短めのボブです♪

20130721_123102

Wow Baby!


ミトンはいつもどおりのカットでお願いしました。

一緒に撮ろうと寝ているミトンを起こしたのですが・・・・

眠そうです


20130721_1256141

あ~~迷惑・・・ ミトン



パッチリ目が欲しくって事務所で再度チャレンジ

頭の毛を立てて・・・・

20130721_131438


やはり眠そうです・・・・


面白いことが無いときは、犬はいつでも眠いものです・・・・ミトン






| ワンダースリー | 13:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不忍池 蓮だより

毎日猛暑でバテ気味です。

先日は久しぶりに過ごしやすい気候でしたので
ミトン、レオンと不忍池までお散歩に出かけました。

20130717_145453

すっかり蓮の葉に覆われた不忍池、花はまだのようですね。



今年の蓮見茶屋はアルコールですか?

20130717_145637

13日open と書いてあるのに営業していないということは
やはり今年も水曜日はお休みのようですね。





久しぶりにいっぱい散歩ができてご満悦の2匹です。

20130717_145542





20130717_145740


緑の不忍池、来週にはピンクの花が少しずつ顔を見せるでしょう。

楽しみです♪




| 東京あれこれ | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うちのこグッズ届きました。

wonder3 のイラストされたとっても可愛いマグカップが届きました。


CIMG2244


今年のNHKふれあいホールのフォトメッセージ展で上映されていた動画「クンクンとうさぎのぴょこたん」「つながる命」の制作者、ぺろままさまの作品です。

写真からイラストを描いてくださいます。
ミトン、ノアール、レオン、各々特徴を捉えていて素晴らしいです。


私たち用には勿論ですが、Wonder3を可愛がって下さるお店のお客様や友人のプレゼント用にも発注しました。

みなさま、可愛い、素敵と大喜びしてくださいました。

CIMG2250


シニア犬応援冊子「ぐらんわん!」最新号にはぺろままさまのインタビュー記事が掲載されています。

お店のお客様にはぺろままさまの活動を知っていただく為に「ぐらんわん!」の記事をコピーして同包しました。

t02200308_0238033312605767794

ぐらんわん!



ぺろままさまは「殺処分ゼロ」を目指して絵や動画を作成し啓発活動をなさっています。

殺処分ゼロへは子供の心の教育も大切だと思います。

命の尊さ、偉大さ、大切さを分かり、思いやる心があれば終生飼育は当然のこと 殺処分も確実に減るでしょう。

かわいらしいイラストの動画やお話は子供達に命の大切さを考えてもらう

そのきっかけになると確信します。


CIMG2252

ぺろままさま 可愛いイラスト、たいへん気に入っております♪

ありがとうございます、大切に使わせていただきます。



| ワンダースリー | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ONE BRAND 7月号

現在配布中のONE BRAND vol.46 にミトン、レオンのお友達
S氏のお孫さん 葵ちゃんと智哉君が出演しています。ここをクリック

CIMG2231




愛犬も食べられる)畑の野菜と、(愛犬のための)手作りうつわで、(愛犬と一緒に)ゴハンを食べよう。

CIMG2232
堂々の全6ページ。

野菜に器にご飯作りと初体験にウキウキ楽しそうな葵ちゃん、智哉君が満載です。

ぜひ、ぜひ wonder3にも、美味しいご飯を作ってね[^ェ^]






| 雑記帳 | 13:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Happy birthday Leon.

7月7日はレオンの誕生日
今年で7歳になります。
そうです今年は幸運の数「777」スリーセブンの誕生日です。

ひまわりレオンにぴったりの可愛いカードをいただきました。
20130708_124407
Moomyさま ありがとうございます。覚えてくださりとても嬉しいです。

レオンが大好きな桃ちゃんは試験中で忙しく、今年のバースデイ パティーはありません

そんな時こそ、レオンマジック発揮です 。

当日の昨日、たくさんの人たちに祝って貰えました。


朝顔市と合羽橋の七夕まつりを見にいらした、
「めぐろのいぬやしき」さんのお嬢様の蘭ちゃんとボーイフレンドのダニエル君
CIMG2204

レオンはレスキュー後、めぐろのいぬやしきさんのお宅にいました。
いぬやしきさんのお宅で慈しみを受け愛されるということを知り、
向日葵のような明るい性格になったのでしょう。
レオンが大好きな目黒のママです。



蘭ちゃんのことをしっかり覚えているレオンは嬉しさのあまり、くるくる回って回って大喜びでした。
CIMG2205
すっかり甘えんぼレオンです。




誕生日会はできなくても妹はスペシャルディナーを作ってくれました。

人参のリゾットの上に豚のひき肉とズッキーニその上には豪華に卵焼きです。
CIMG2207

良い香りに私も垂涎!



「おいしいな~ おいしいな~」
CIMG2209
右上端にがっついているミトンが見えます。
3ワンともあっという間に完食しました。




デザートも用意してくれました。
wonder3を可愛がって下さるお店のお客様から頂いたふかし芋(さつまいも)
妹がその上にヨーグルトをクリーム状にしたものを乗せてくれました。
CIMG22101

当たり前ですが犬たちも美味しい物には目がありません。

ミトン、レオン こんな豪華な食事、私は作れないからね




食事を終えた頃、ラビママとラビちゃんが来てレオンのお誕生日を祝ってくださいました。
CIMG2218
レオン 嬉しいね~♪




みんなに愛されているレオン

私がレオンに望むのはただ一つ

健康で元気いっぱいのレオンでいてくれることだけです。

ミトン、ノアールと一緒に楽しい毎日を送ってくれれば最高です。

幸せな一年でありますように

レオン7歳 おめでとう


leonプレゼント



みなさま ありがとうございます(*´∀`*)

お祝いのカードやメール 嬉しかったです。
 レオン



leonおもちゃ




ラビママ農園の採れたて野菜です。写真にはありませんがジャガイモもたくさんあります♩
CIMG2230
ちょうど妹もいたので新鮮なうちに分けることができました。



鮮度が命の枝豆を早速、茹でました。
美味しいの何のって・・・手が止まりません (+o+)



| ワンダースリー | 14:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北の旅 最終編

石巻港に到着、まだ朝9時前です。
そこからYさんとご一緒してタクシーで石巻駅前まで行きました。
彼女は東京で仕事があるのでここでお別れ

友人のご主人と仙台で待ち合わせをしている夕方まで、私たちには時間がたっぷりあります。

早起きは3文の得とは良く言ったもの、一日を有効に使えます。

CIMG2090


観光タクシーに女川港、石巻港、日和山を回ってもらうようにお願いしました。

とても紳士的で親切な運転手さんの説明を聞きながら回ります。

CIMG2094



2年以上経った今でも津波の恐ろしさを感じぜずにはいられない光景が各所に残っています。


女川港です。

CIMG2098

港自体を根こそぎ持ってかれたように何もありません

現在は何処も瓦礫の撤去がほぼ終わり底上げと堤防の工事が入っているようです。

私たちがいるのは高台にある病院です。この病院の1階まで津波は来たそうです。

CIMG2099
どんなに恐ろしかったことか・・・・

女川といえば女川原発があります。
放射能漏れなどの事故があったらと想像するだけで背筋が寒くなります。



宿泊施設です。
津波で町の8割を失った女川、復興の為にも宿泊施設が必要と震災から1年9ヶ月後
洒落なトレーラーハウスの宿泊施設エル・ファロができたそうです。
CIMG2110

エル・ファロのホームページ



こちらは女川の3階建ての仮設住宅、まるでアパートですね。
CIMG2109




「きぼうのかね商店街」の入口です。
CIMG2121




はがれきの中から見つかった「希望の鐘」をシンボルとし、
震災で被害を受けた女川町の商店と町のみなさんの生活の復興のために開設された商店街です。
CIMG2117



女川港のランドマークだった「女川マリンパル」
今は影も形も残しておりません。
友人は以前、「女川に遊びに来てマリンパルで食事をした」・・・・と感慨深げでした。

途中、「女川マリンパル」仮設のお店に寄りました。

CIMG2123




CIMG2124




石巻への道です。

CIMG2125






船がぶつかった痕跡も生々しい橋
CIMG2127





CIMG2153





解体が進む石巻市立病院
CIMG2158





石巻港です。
すでに解体されていますが津波に流され横転した「巨大缶詰」を思い出します。
CIMG2140




お魚の処理場も再開しています。
CIMG2143
今は鰯漁の時期だそうです。




津波により亡くなった園児たちを悼み、お地蔵さまがたっていました。
CIMG2165

家があった所なのでしょうか瓦礫が撤去された跡地にお花を備えてある場所が幾つもありました。




TVや新聞などでもよく目にした「がんばろう石巻」の看板です。
瓦礫の撤去は終わっています。
CIMG2169





CIMG2170





日和山頂上です。

住民たちが津波を避けるために頂上を目指し、そこで自分の家が押し流されている光景を目の当たりにする様子がTVに流れていました。
CIMG2178
日和山の頂上から町を見下ろしながら運転手さんに「こんな大きな災害に東京が見舞われたら、皆さん達のように協力し合い前向きに行動が出来るかどうか・・・東京に住む私には疑問です。」と言ったところ
「そんなことは、無いですよ、みんな困ったときには必ず助け合いますよ・・・・」
続けて「被災後の大変な時、各地の皆さんから助けていただいて、心から感謝しています・・・」

ほんとうに助け合えるのか・・・・
震災時、東京では水や電池、パンなど買い占めがあった現実が頭をよぎります。

東北を訪れる度、皆さんの直向きな粘り強さと温かい心を感じます。



左の白い建物は石の森萬画館です。
右側の奥には7割の学生が死亡か行方不明という悲劇があった大川小学校があります。
CIMG2184




石巻の商店街です。
こんな高さまで水が来たらどうしようもありません(黒矢印)
CIMG2187

商店街を抜け石巻駅、ここで観光タクシーは終わりです。
車の中でもいろいろとお話を伺えました。ほんとうに観光タクシーを使って良かったです。
絶対にお薦めです。


高速バスに乗って仙台駅まで戻ります。

偶然ブルーインパルスの練習飛行が見えました。
真っ青な空をマッハのスピードでアクロバット飛行するそのさまにしばし見とれておりました。
CIMG2195

仙台で友人のご主人と3人で美味しい晩御飯
今回の東北旅行最後の食事です。
ことしもお世話になりました。友人夫婦が東京から大阪へそして実家のある仙台へ
私はずっとお世話になりっぱなしです。ありがとう 心から感謝しています。


その友人からメールをもらいました。

私が名前を忘れてしまった猫
CIMG1971
この子はサカちゃんです。
墓地に捨てられていたこの子を坂口さんという友人が拾ったので名前をいただいて
サカちゃんだそうです♪

Moomyさま、友人のFご家族、お世話になりました。
皆様のおおかげで楽しく、有意義な東北への旅が出来るのです。
心から感謝しております。



訪ねた被災地の港では瓦礫撤去から底上げ工事に入っていました。

原発再稼働が叫ばれています。喉元過ぎれば・・・なのでしょうか?
福島ではまだまだ苦しんでいる人々が大勢います。
国民から忘れられるのが一番怖いと言っていました。


これからも東北に旅する時には被災地を訪ね、その様子を自分の目で確かめていきたいと思っています。


| 旅日記 | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北の旅 田代島2日目

昨日の天気が嘘のような快晴となった朝
目が覚めるとYさんはカメラを携え出かけるところでした。

後を追って、私も顔を洗い身繕いして浜まで散歩に出かけました。
時間は5時半前、東京では考えられない行動です。
CIMG2045




「おはよう」

20130627_055920

食事はもう終わったのかな?




すりすりと寄ってきました。
20130627_060354





撫でて~~
20130627_060449





追いかけてくる~♡
CIMG2042





地盤沈下しています。

CIMG2048


とても綺麗で底まで見えそうです。




荷下ろしはもう終わってしまったようです。
Yさんも見当たりません。
CIMG2079


友人と合流して朝食までの間、島を散歩しました。



猫たちにむやみに餌を上げないように書いてあります。
キャットフードを持ってきた場合はこの猫の描いてあるボックスに入れます。
CIMG2053
撮影の際の、マナーなども記されています。




CIMG2052





CIMG2056





公園で木登りしている猫を発見!
CIMG2059



さすが島猫、ワイルドです。



この猫はカラスの子供を狙っています
CIMG2060
もちろんカラスは飛んで行きましたが、小がらすの上の枝には親ガラスがその様子を見張っていました。

軽自動車のおじさん(別の人)が現れ、子供のカラスと猫はわかっていて遊ぼうとちょっかい出しているが
その上で親ガラスが様子を見ているんだよと教えてくれました。
子供が襲われるようなことがあれば親ガラスが攻撃してくるのかな?


島での猫の天敵はカラスだそうです。
猫たちは過酷な自然の中で生きているそうです。




CIMG2066





CIMG2062





CIMG2065



カメラを向けても全く逃げない
撮られ慣れています



CIMG2067





CIMG2068






CIMG2069




CIMG2070



写真を撮り損ねましたが朝食もかなり豪華でした。
鯵のまるごと塩焼きやおかあさんの煮物(味良し)それに初めて食べた「まんぼう」
ボイルしてありました味も見た目も、まさに鳥のササミです。

セルフサービスのお茶やコーヒーを頂いて

朝食を終えたらもう船着場に向かう時間です。


赤い首輪は「網元」の飼い猫 見送ってくれました。
CIMG2071




漁師さんはみんな働き者です。
民宿のおかあさんも私たちの食事の用意を終えるとまた浜に来て仕事をしています。

CIMG2073
網にかかった殻やヒトデなど綺麗にとっているそうです。




網を広げて干しています。
CIMG2080





CIMG2086


民宿のおかあさん、宿で一緒になったフリージャーナリストのYさん、秋に出版される本を楽しみにしております。
散歩の途中、声を掛けてくれた軽自動車のおじさんたち。
工事に入っている方々の朝の元気な挨拶。

優しさに包まれたのんびりと幸せな島での一泊でした。
季節とともに日々を大切に生きている島の皆さん、
タイムスリップしたような不思議な時間・・・貴重な経験でした。

聞けば島民は50~60人とか

島民より多い数の田代島の猫です。

みんな ありがとう



最高のお天気、昨日とは違った景色に感じます
CIMG2089


石巻に戻ります・・・・

被災地巡り編へ つづく・・・





| 旅日記 | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北の旅 2日目 田代島編

田代島仁斗田港に到着しました。田代島は猫が神様の島、
島民の高齢化が進んだ現在は島民よりも猫の数の方が多いと言われている「ねこの島」です。
犬は1頭もいません。

本日泊まる民宿は「網元」友人が探してくれた、ご主人が漁師さんの民宿で料理は抜群と太鼓判の宿です。
おかあさんが港まで颯爽と電動スクーターに乗って迎えに来てくれていました。

CIMG2011
津波が押し寄せた時には左に見える灯台が見えなくなったそうです。

高齢化率80%以上の限界集落の島。
被災した今、このままいけば行政に見捨てられてしまいそうな現状です。

田代島はカキが主要産業ですが、観光客を増やしているのは猫!
猫が重要な観光資源となっています。

水浸しになった漁港、底上工事をしています。
CIMG2016


津波の際、島の一番高い場所に島民は避難したそうです。
津波で亡くなった猫もいたようですが高台に逃げて難を逃れた猫たちがたくさんいるそうです。




おおっ います います。
CIMG2020





全く人間を怖がりません。
CIMG2019





寄ってくるし (´▽`)
CIMG2021


猫に気が取られていると友人と民宿のおかあさんはさっさと先に歩いて行きます。
網元について荷物をおろし、さ~て のんびり と腰を落ち着けようとしたら
おかあさんから「この天気(風の具合)だと明日の午後からの船は出ないかもよ」

民宿には取材で来ていたフリージャーナリストのYさん(女性です)が宿泊していました。
彼女も不安なので朝の便で石巻に戻ると言います。

帰れなければ困るので私たちも7時40分発の船に乗ることにしました。

そうなると明日は散策の時間が無い・・・
猫神社だけはおさえておかなくては。

腰を下ろすことなく島散策に出かけました。



CIMG2025





猫神社まで行く道で出会った猫たちです。

CIMG2023



実際はもっと会いましたし写真にも収めました(お見せできるものが少なくて・・・)

小雨が降り出したので外にいる猫は少なくなっているようです。



CIMG2034




人が通っても全く動じません、近寄ってくる猫もたくさんいます。

島の猫は成猫でも子猫のように小ぶりでスリムです。
自然の中で生きている猫たちにはまるまるとした家猫のようなスタイルの子はいません。
津波の後、島民は漁に出れず、おこぼれを貰えなくなった猫は各地から送られたペットフードで命を繋いだと言います。



CIMG2033




猫神社に着く前に雨が本降りになってきました。
出るときには上がっていたので傘を持たずに出かけてしまいました。

途中、軽自動車のおじさんにもう少しだから頑張れと声をかけられたのですが、
軟弱な私たちは後ろ髪をひかれながら民宿へ引き返すことにしました。

CIMG2038





民宿「網元」森三中も来ていたようですね
20130626_195616
写真家の岩合 光昭 さんも「ハートのしっぽ」撮影時には網元に泊まっていたそうです。





ファンからの贈り物かな?
20130626_200037



お風呂、トイレ、寝具、とても清潔で綺麗です。
特にお風呂はお湯が肌に優しく気持ちが良かったです。
のんびりお風呂に入って、待ちに待った晩ご飯です。



評判通りの豪華さにびっくり、味付けも最高でした。お料理上手なおかあさんです。
20130626_181236
フリージャーナリストのYさんは3泊していて島の歴史や風習など調べているそうです。
田代島には3度目の訪問だそうです。
網元のおとうさん、おかあさんとは家族同然、
前のお客様にお手伝いの方と間違われるくらいに勝手知ったる・・・・でした♪

彼女から「初めて田代島に来て網元を選んだのは大正解ですよ♪」

おかあさんも交えて楽しくおしゃべり、新鮮で美味しいお料理を堪能して大満足の晩ご飯でした。


お見かけしませんでしたがおとうさんは底引き網の名人
TVのBSが映らないと言って早々に寝てしまったそうです。

漁師の朝は早いのです。

食事が終われば、後は寝るだけ。

Yさんは船がつく朝5時前には港に行くと言います。
漁師さんのおこぼれを貰いに猫たちがたくさん集まって来るので
シャッターチャンスだそうです。

起きれるかな~~

早寝早起き、島ならではの生活です。

それでは 田代島2日目へつづく・・・

| 旅日記 | 12:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。