2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続けて更新 房総の春

朝食前に勝浦名物 朝市へ


朝市3


この雰囲気、心躍りどきどきします。


朝市




朝市2




朝市1



ストライプの服を着ていたラビちゃん、シマウマの子供? って言われていたね

朝市4

豆餅、干しエビ、手作りの揚げおかき、ワカメ・・・もっともっと買いたかった



朝食後は犬も入れる太海フラワーセンターへ
フラワーガーデン




金魚草




フラワーガーデン1




花時計




ポピー




記念撮影

太海の海へ



気が遠くなるほど綺麗な海
太海1



さっそく海へ

太海5
「早く~~」ラビ




「よっしゃ 行くぞ~!」レオン
太海3




帰りに寄ったエビヤカフェ
エビヤ1
名物のイセエビカレーは財布の中身と合わず口にはできなかったですが


スパイシーカレー デザートのイチゴパフェ 絶品でした。

エビヤ2




千倉潮騒王国で途中休憩、フラワーロードを通り館山まで外房をドライブ
海

人間は海の景色と香りを満喫 

犬たちは大満足で爆睡

春の房総半島は最高です。

行きも帰りも、オバマ大統領来日で交通規制と渋滞を予想していましたが
何事もなくスムーズに東京に到着しました。

I.Sさん 紹介ありがとう。 
すごく楽しかった また、よろしくね。

スポンサーサイト

| お出かけ | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

房総の春

先日のお休みは延び延びになっていたラビちゃんとの旅
勝浦に行ってきました。


先ずは勝浦タンタンメン
DSC00348
ラー油たっぷりで辛そうですが、
玉ねぎの甘さで心地よい喉ごし 予想以上に美味しかった


勝浦と言えば海
岩と川で囲われた一角を発見

人っ子一人いない プライベートビーチ状態です。

ラビちゃん 波打際ですが、海に果敢に挑戦しています。
DSC00354
「綺麗な海は好きなの・・・」ラビ


DSC05707



楽しくって しかたがない 
DSC05667



飛んでるね~
DSC05669




レオンの笑顔は疲れた気持ちへの ビタミン剤 
DSC05682
相変わらずのミトン兄




海と戯れすぎたラビ嬢 洋服ずぶ濡れになってしまいました。
DSC05767



海で遊んだその次は・・・
景色の良い 八幡岬へ


八幡岬1



八幡岬2




八幡岬3

すこしお休みをして・・・

次はドッグラン


君たちには夢のような時間
DSC05866

ここも3匹の犬たちだけ 貸切状態です。



DSC05888



レオン アジリティーに挑戦!

手に小さなおやつを持って 釣っています。
DSC05843
よじ登って・・・




DSC05844
ズリ落っこってきました



今日はここまで・・・
明日も楽しいこと しようね

| お出かけ | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春爛漫

記事の日にちが前後しています、
お休みの水曜日、友人に会いに春真っ盛りの鎌倉に行ってきました。

先ずは「なると屋」で遅いお昼ご飯。
DSC00240
嬉しい献立、いつ来ても満足のお味。


「海方面が良い?山方面が良い?」と友人
「花が咲く春 今日は山方面、散策したい・・・」と私

それではと歩き始めます、
湘南方面はすっかり彼女におまかせで私は金魚のふんの如く ついて歩くだけ


別名お花博士、彼女に花の名前を教えてもらいながらの散歩です。
お互い両親が元気な頃、暇を見つけては海でも山でも高原でも散策に出かけていました。

DSC00242




DSC00243




DSC00245




DSC00248




お寺
今が盛りのシャガが見事なお寺に案内してくれました。





DSC00254




DSC00257




0250





DSC00264





あられもない恰好で身づくろいをしている猫 発見!
DSC00266

ミュヤーと声をかけたらミュアーと答えてくれました。



ついて来るの?
猫
アライグマの尻尾みたい、顔も可愛いね

抱っこできちゃうくらい懐いています、
女の子の猫ちゃん 耳カットしています。


猫1

お寺の庭で自由気ままに生活しているようです。



DSC00268

歩きながら喋る・・・

春はちょうど良い気候です。


ベルグフェルドでお茶とお菓子
DSC00287
そこでもおしゃべりは止まりません。




商店の日よけにツバメの巣 
DSC00286
昔は私の街の商店街のアーケードに巣を作っていて、毎年来るのを楽しみにしていたのに・・・
まったく見かけなくなりました。


丹精込めてお世話しているのでしょうね


DSC00279


そこ ここの花壇から綺麗なお花が顔をのぞかせています。



DSC00284




喋って、歩いたそのあとに・・・
やっぱり、最後はコレですね!

DSC00292

浮世の憂さを晴らし、気分もすっきり
小旅行に出かけたような楽しい一日でした。

あこちゃん ありがとう。

次回は海方面かしら・・・・?



| お出かけ | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニョキニョキの木 行ってきました。

2012年にカフェで開催した写真展「10犬10色のSmail」でご一緒した。
sukoshidakedoさんが参加しているイベント「ニョキニョキの木 8組のものづくり展」を拝見しに
吉祥寺に出かけました。
久しぶりに妹とノアちゃんも一緒のお出かけです。

せっかく出かける吉祥寺、wonder3も一緒です、早めに出て井の頭公園を散歩しました。

DSC00302
公園をゆっくり一周、散歩の犬たちと挨拶を交わしたり、緑の香りを嗅いだり

もちろんミトン、レオンも土の上の散歩にご機嫌だけど、ノアの顔が緩みっぱなしで可愛かった

公園は春真っ盛り。 
DSC00305

学生時代には学校の帰りに途中下車して友達とブラブラした吉祥寺 大好きな街です。
最近ではめっきり行くことが少なくなり、この機会を楽しみにしていました。

あの、やきとり「いせや」がすっかり綺麗になっていた(驚)

妹が吉祥寺に詳しいので、ランチのお店もすべてお任せ
犬も一緒に入れるカフェ八十八夜で美味しいランチを食しました。

吉祥寺は犬と入れるご飯所がたくさんあって羨ましい限りです。

お腹も満足しました。
さて、今日の本題に「ニョキニョキの木 8組のものづくり展」を見に行きましょう。
刺繍、アクセサリー、革、蜜蝋キャンドル、羊毛フエルト、ガラス、イラストレーション、写真
日本の各地から集まった8人の作家さんがギャラリーで開くマーケットです。

妹と共に買う気満々でギャラリーのドアを開けました。
それぞれに可愛くて、どれもこれも欲しくなります

悩んだ末に 選んだ作品がこちら↓
DSC00311


可愛い蜜蝋のキャンドル 
炎をつけるのがもったいないのでしばらくは部屋の彩りとして飾ることにします。
DSC00324


刺繍やフエルトやガラスのブローチ、イヤリング 髪留め
繊細で愛らしくて優しくて つけているだけで気持ちがほっこりするような そんなアクセサリーです。

DSC00313

どんどん活用しますよ。

wonder3も抱っこして一緒にギャラリーに入れたんですよ。

gallery
sukoshidakedoさん ありがとうございました。
公園でご主人とろくちゃんに会えたのも嬉しい偶然でした。(ろくちゃんの髪型が最高に可愛い)

日にちによっては蜜蝋のくるくるキャンドルや革でコンチョをつくるなどワークショップも開催されるようです。
楽しそうですね。
詳しくはこちらから→「ニョキニョキの木

百聞は一見にしかず まずはギャラリーに足を運んでみては・・・

吉祥寺 gallery re:tail で4月20日まで開催しています。



家に帰ったら 三浦半島より嬉しい荷物が届きました。
DSC00308
嬉しい春キャベツの軍団です。煮ても、炒めても、蒸しても美味しいキャベツ 大好物です。
このキャベツ 先ずは生でバリバリいきますよ!

Hさんありがとうございました。






| お出かけ | 17:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同じ青い空の下で・・・

フォト展が終わって初めてのお休みの日、パネルにご出演のスギヤマカナヨさんが参加している
自閉症啓発デーのイベント「同じ青い空の下 Warm Blue」の会場にお邪魔しました。


Get in touch! PROJECT より抜粋

4月2日は国連が定めた『World Autism Awareness Day(世界自閉症啓発デー)』
世界中がブルーに染まります。

45カ国以上のランドマークやあらゆるものがブルーにライトアップされる日です。
いまの日本には、生きづらさを抱えている人がたくさんいます。
障害、病気、国籍……。“違う”ということがハンディになる、現実があります。
そのことが明らかになったのが、3・11東日本大震災でした。
社会が不安に陥った時、マイノリティがますます追い詰められてしまう……。
そんな、成熟していない社会は不安です。
「どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない社会で暮らしたい」。
そんな思いを胸に始めたのが「Get in touch」の活動です。



もちろん、ミトン、レオンも私達もブルーの洋服に身を包みお邪魔しました。

DSC05481

こちらはスギヤマさんに抱っこされてご満悦のレオンです。



スギヤマさんのメールから
「このイベントは自閉症を軸にしてさまざまなマイノリティーと言われる人たちも
みんなまぜこぜに生きやすい社会を目指そうというもの、
犬や猫たち生き物にもつながっていければと思っています。」


みんなまぜこぜに生きやすい社会・・・楽しそうで素敵です。

多数決や勝敗をものさしにしない
優しく、思いやりのある社会にしたいですね。

| 観て 聴いて 読んで | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Together Forever and Life 集計が終わりました。

たいへん遅くなりました。

フォトメッセージ展 「Together Forever and Life」のアンケート集計が終了いたしました。
開催当時の様子と合わせてご覧下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■フォトメッセージ展「Together Forever Life」イベントTOP
http://www.npo-pm.org/2014NHK/2014NHK.html

■開催中の様子  開催中の様子を写真で紹介しております。
http://www.npo-pm.org/2014NHK/pmreport.html

■アンケート結果 アンケートにお答えいただいた方のお答えをグラフで表示しております。  
http://www.npo-pm.org/2014NHK/Graph.html

■アンケート感想 みなさまからの感想を全て掲載しております。
http://www.npo-pm.org/2014NHK/imp1.html


感想欄にお書きくださった一つ一つのメッセージを大切に受け取り
今後の活動に役立てて行きたいと思っております。


会場に足を運んでくださった皆様
そしてフォトメッセージ展を開催するにあたり、ご協力をいただきました
たくさんの方々に心から感謝いたします。

ありがとうございました。





仏画彩色師の長谷川智彩さんもいらしてくださいました。
DSC05482
仏像彩色の中でも最も高度な技、截金(きりかね)の匠です。
展覧会で彼女の作品をこの目で見たとき、心の琴線にふれ 胸が震えました。
友人は作品に手を合わせたくなると・・・
彼女の人柄、作品からにじみ出るその空気観、心も体も浄化されたような清々しい気持ちになります。


智彩さんの技はこちらのHPでご覧ください。智彩 截金彩色の世界


写真を撮ることができませんでしたが、今年もたくさんの友人たちが会場に足を運んでくれました。

みんな ありがとう!


レオン ポスターと初めて撮影

ポスター

散歩中の犬が気になるのか・・・

まったくそっぽ向いている(>_<)






| お知らせ | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一葉桜

ただ今、奥浅草は一葉桜が満開です。


DSC05603



一葉桜とは「花の中から葉が一葉出ている」様から名づけられたそうです。

DSC05605


ソメイヨシノが散ったころ咲き始める八重桜

ふっくらとした小ぶりの可愛らしい八重桜です。




DSC05594




DSC05598




DSC05601





DSC05614

明日は小松橋通りで恒例のおいらん道中が見られます
お天気の心配なさそうですね。


| 東京あれこれ | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜三昧

桜満開のニュース聞き、先日のお休みに用事をしがてら車で大好きな桜の名所を回ってみました。


車の中からの撮影もあるので良く撮れてはいませんが
なんて言ったって 桜がモデルです、雰囲気だけでも伝わるかな・・・



先ずは父のお墓のある東本願寺の桜
桜10



枝垂桜も見事に咲いていました。
DSC05539




飯田橋から四谷にかけて 外堀の桜
桜



アークヒルズの「桜坂」の桜
桜1



綺麗、綺麗と大騒ぎしている人間をよそに車の中ではすっかり寝てしまったお二人さん。
桜2





国立劇場の桜
桜3



千鳥ヶ淵の桜
桜4



田安門
桜5



こんなに桜の木ってあるんだ~!
この日はどこもかしこも東京は桜の花で覆われていました。


すっかり夕方になり空も曇ってきました。


上野不忍池 
桜6

ここからはミトン、レオンもお散歩です。



柳と2種類の桜が見事です。
DSC00100



お花見の人で混雑しているので、犬と散歩の私はここまでです。
桜7



家の近所のお寺
桜8


S氏が見つけた、隠れた桜の名所です。


桜9




すっかり夕方になった墨田公園

DSC05574




桜11

写真はありませんが、雨の翌日、播磨坂の桜も見事でした。


思い出の多い飛鳥山公園や六義園の枝垂桜も見に行きたかったです。




桜を心行くまで楽しめた一日
ひらひらと散る桜も風情があって素敵です
次のお休みまで待っていてくれるかな~

| 東京あれこれ | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォトメッセージ展のアンケートをただ今集計中です!

フォトメッセージ展終了から4日が経ちました
多くの方のご協力で開催できましたことに感謝し
会場に足を運んでくださった906人のみなさまに心より お礼を申し上げます。


毎回会場に足を運んでくださる方々
お友達を連れて再度訪れてくださった女性
里親になりたいと申し出てくださる方
パネルやスライドにご出演のみなさまもたくさんお越しくださいました。

そして、心からのメッセージを残してくださいました。
ご感想のほんの一部を紹介いたします。


・アレルギーを持っているので買うのは難しいのですが、いつか飼いたいとは思っています。そして、飼うことになったらぜひ保護犬を…と思っています。
学生 女性 17歳

・幼い頃から本(図鑑)を買って読むほど犬が大好きでした。虐待の本も何冊か持っています。でも、まだまだ知っておくべきことを知れた気がします。来てよかったです。
学生 女性 17歳

・多くのわんちゃん達が死んでいるのはとても悲しい。でも、自分も犬を飼える状況ではないのがもどかしい。犬も家族になるから大事にひきとってくれる飼い主さんが見つかることを願います。
会社員 女性 23歳

・昔パオの物語という本読んだことがあります。その本も飼い主に捨てられ、人間にひどいことをされながら、それでも人を信じた犬の話でした。当時の私は人間ってひどい、自分勝手だと思うことしかできませんでしたが、この展示を見てこんなに多くの人が身寄りのない動物たちの力になっているのだと知り、心が温かくなりました。私も成人して、4月から社会人です。自分の生活に余裕が持てるようになれたら、この方たちのように動物を引き取ったりその他の活動に参加できたらいいなと思います。
学生 女性 21歳

・捨て犬や猫を救うことが本人たちの幸せに直結しているのだと思いました。捨てられた犬猫たちはそれでも僕達を笑顔にしてくれる存在。そんな彼らのことをもっと知りたいと思いました。
学生 男性 21歳

・子犬や子猫がごみ捨て場に布袋に入れられていたり、ネットの中に捨てられている写真にはショックを受けました。私は結婚するまでいつも何匹かの犬がまわりにいて兄弟のように生活してきました。学校に行く時には見送ってくれ、親と喧嘩した時には慰めてくれた大切な家族でした。結婚してからは最期までみる責任が持てずにずっとペットとは暮らしていません。人間の子供も同じで家族になった以上愛情をかけ、育てるべきです。捨ててしまうことは許せません。この活動をより多くの方々に知っていただきたいですね。
主婦 女性 60歳

・病気の子や死んでしまいそうな犬を見てかわいそうだと思いました。私も犬を飼っているけど今度、動物愛護施設から犬をあずかりたいと思いました。大切なことを学べました。楽しかったです。
学生 女性 13歳

・私も犬が好きなので大人になったら保護活動に参加したいと思うことが出来ました。「保護活動」という考えがあまりなかった私にとって今、しっかりとした考えがあります。一つの命を助けられるよう様々な事を調べて興味を持ってボランティアなど参加したいです。
学生 女性 13歳

・人間の都合で命をさらされる犬達が多いこと、そしてそのことに向き合う人間も多くいること、いつもの暮らしでは気がつかない人間の身勝手さを、その反対の優しいココロを感じ取りました。写真パネル伝わるものがありました。
主婦 女性 41歳

・一番印象に残ったのは目の見えない犬を引き取り、育てていた家族です。病気になった犬を支えながら犬の死まで犬と真剣に向き合う姿が印象的でした。このように目をつぶりたくなるような現状にも正面から向き合うことが大切だと思います。今回のフォトメッセージ見れて良かっです。ありがとうございました。
学生 女性 13歳

・涙が止まらない。多くの方にこの現状を知ってもらいたい。私も1?2年前まで知らなかった…ごめんなさい。もっと多くの方の目がとまる場所でできると良いと思います。ありがとうございました。
主婦 女性 44歳

・命を粗末に扱う人の気がしれません。こんな世の中に住んでいることが恐ろしくなります。でも、命を大切にする人達も沢山いる。そんな世の中住んでいる事を嬉しく思います。言葉より行動と思うのですが、なかなか難しいものです。何が原因なのか、皆で解決していければいいと思います。
会社員 女性

・動物は人間のせいで生まれてくる。手術をするなどして、最後までめんどうを見ること。
主婦 女性 60歳

・入り口のポスターを見て立ち寄りました。2年限定で上京する前、地方の地元で微力ながら地域猫活動に参加しておりました。私はまだ保健所の現在の状況など、きっと目を背けているところが多いと思います。全てを救えるようになるのはきっと時間もまだまだ掛かるし私一人で何が変わるのか分かりませんが、でも少しでも命が救われるよう祈り、力になれたらと思います。
その他 女性 24歳

・ブリーダーによる放棄、殺処分の際の苦痛死という現状を初めて知りました。殺処分されてしまう犬猫の頭数があまりにも多いてすよね。身近に飼いたいという人がいたらぜひ里親制度を伝えてあげたいと思います。引き取られるまでの虐待の凄さも実感しました。
その他 女性 60歳

・可愛そうなペットがこんなにいるとは思いませんでした。自分では出来ないけれど周りに教えてあげることは出来ます。
主婦 女性 48歳

・人間の都合で消えていかねばならない命があるという今の現実。でも、それはおかしい事だと思うのです。命を終えねばならない時に犬猫で生まれてこれた事に感謝してもらえるようになってもらうのも人間の責任だと思うのです。
会社員 男性 35歳

・日本は動物(犬)に対する接し方がまだまだ。ペットショップでの生体を販売することをやめたほうが良い。一目惚れで動物を飼いたがる人がいるので。
会社員 男性 45歳




感想を読ませていただいていると、時間を忘れてしまいます。
ご覧いただいた皆さまに確かなメッセージが伝わったと実感する瞬間です。


NPO PM ホームページにご報告掲載まで少々お待ちください。

| お知らせ | 15:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜満開です。

桜満開の墨田公園へ朝のお散歩です。



墨田公園2





墨田公園



墨田公園1





墨田公園3







墨田公園4


残念ながら明日は雨模様とか、桜 散っちゃうかな・・・・



| 東京あれこれ | 08:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。