PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

変身 (○o○) 

先日の水曜日は待ちに待ったグルーミングの日、一回抜いたら結構、ボサボサ(;_;)

サマーカットにとお願いしました。綺麗になって帰って来てねボサボサ



美容院に預けた後、私はかねてから観たかった「エミリー・ウングワレー」を観に国立新美術館へ
美術館であこちゃんと待ち合わせ、美術館と千代田線が繋がっているなんて・・・・知らなかった( ̄□ ̄)

いやー久々感動しました
入って直ぐに大きさとパワーに圧倒されます。
プリミティブ・アートであるのに、作品は洗練されていて極めて都会的。

エミリー・ウングワレー


エミリー・ウングワレーはオーストラリアのアボリジニを代表する画家で、ボディ・ペインティングやパティック(ろうけつ染め)を手掛けていたが、1988年からはカンヴァスの画面にアクリル絵の具で描くことを始め、亡くなるまでの8年間のうちに3~4千点の作品を残しました。凄い!!
西洋美術の素養や教育っとはまったく無縁の、アボリジニの生活風土をもとに描いた作品は、抽象表現主義に通じるとか何とか・・・言われているようですが、
きっと彼女にはそんな事まったく関係ないのではないでしょうか。

このとてつもない大きさ、どうやって描いているんだろう???私達の頭には?マークがいっぱい

最後のビデオで分かりました、砂漠の土の上にカンヴァスを置き鼻歌交じりに真ん中から或いは端から描いているんです、疲れたらお昼寝、自分自身が自然、砂漠と一体化しているようです。
カンヴァスの上を横切ったのでしょうか、犬の足跡が付いている絵もあるようです。

それに色。色の無限さ、奥行き、飾らない表現を通して、
作品全体も圧倒されるほどパワーを感じるのです。
線の中でもこの線の、この色が好き。
この部分が好き、そんなふうにして見るのも楽しい♪


彼女の起こした素晴らしい「奇跡」に遭遇し、元気をもらえるような気がします。
いくら時間があっても足りないくらい、
1時間半近くがあっという間に過ぎてしまいました


人生何がおこるかわからないよねぇ
諦めちゃいけませんね


そうこうしているうちにミトン・レオンのお迎え時間、あこちゃんとさようならをしてバイバイ





帰ってきたミトンとレオン 可愛い(*∩.∩*)

ミトン、こんなに白かったんだね、しっかり白いプードルになっているよ。
グルーミングをサボっていてゴメンね
ミトン


本当にレオン(・◇・ ) 可愛すぎです
ビロードみたいな毛艶で光っている!
レオン



ミトンも太ったって言われていたけれど、すっきりしちゃって
毛が伸びていたみたいですね♪
ミトン横向き


レオンもウエストすっきり、おしりもすっきり
プリプリ得意のモンローウォークがしばらく見られないね
レオン横向き



目白グルーミングスクールでしてくれるリボン!可愛くてセンス良くて気に入っています。
今日は何かな????


ミトンは夏の縁日、金魚(=^^=)
きんぎょ


レオンのリボンはやっぱり向日葵だ~o(^◇^)o
ひまわり


レオン1
はい、お疲れ様でした。


今日、レオンはまーちゃんベベパパ、べべといい所、行っています。
明日の更新を楽しみに♪

| 雑記帳 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderdogs.blog5.fc2.com/tb.php/222-96df17aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。