PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢の世界

金曜日の夜、待ちに待った「コルテオ」を観てきました。
観るというより体感してきました。シルクド・ソレイユは初めて、いつも行きたいと思っていても
忙しかったりで実現できずに今回です。
新聞の広告でコシノジュンコだったかな?「・・・・・まるでフェリーニの世界・・・」の文字が飛び込み
フェリーニ映画は「道」以降、全て観ているくらいに大好き、サーカス大好き、あの世界を体感できるなんて凄い事、直ぐにネットから予約、指折り数えて昨日を待っていました。

コルテオ


『コルテオ』。イタリア語で「行列」の意味。行列と言えばフェリーニの「8 1/2」が思い浮かびます。

特設テントの円形劇場ではひとりのクラウンを主人公に奇想天外な祝祭のパレードが繰り広げられます
人生の喜びと悲しみ、躍動と静寂、大きしものと小さきもの、ダイナミックさと繊細さ、様々な対比の中で展開される世界。愛すべきものたちに囲まれたクラウンを中心に繰り広げられる数々のドラマはフェリーニも言っている「人生は結構素敵だ」と語りかけているようです。

計算されつくされたアーティストの動きは、その精巧さゆえに人々の目には自然に映り、観客を心地よい夢の世界へ誘ってくれます。

人間って鍛えて練習すればここまで出来るのか!鍛え抜かれた肉体のアクター・アクトレスに違いないのですがまったくマッスル的な汗は感じられませんハート
ぜんぜん一生懸命やってます感がなく、呼吸するかのごとく演じています。  美しい!!

音楽も全て生演奏。迫力が違います!! やっぱり「生」って贅沢ですね
音楽に合わせて会場皆で手拍子していると、まるでコンサートのようです 。
ココで聞けます。
随分、コンサートや演劇、歌舞伎など劇場に足を運んでいないので、その分も楽しんできました。


妹、桃ちゃんと一緒に行ったのですが、嬉しかったのは桃ちゃんがとても感動してくれた事
起きても夢心地だったようです。
子どもの時に受けた衝撃(良い意味でね)って何かしらその子の中に残ると思うのね。
一緒に行けて良かった。東京公演は5月5日まで、一度体感したら病み付きに、何回でも観たい、体感したいいいな
シルクド・ソレイユ サイコー です。拍手


| 雑記帳 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderdogs.blog5.fc2.com/tb.php/305-7e62dae5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。