PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

那須に行って来ました

先日、那須から帰ってきました。
渋滞を考え行き帰りの時間を熟考した甲斐があり車の中でイライラすることなくスムーズに行ってこれました。

ドライブイン

途中のインターのお手洗いに居たツバメの子達。
毎年来るのでしょうか、巣が落ちないように台が作られていました。
つばめ



今回の那須に来た最大の目的はココです。

ニキ美術館
ニキ美術館

いつも興味ある情報提供、友人のたまさんから8月4日、こんなメールが来ました。
ニキ美術館、知ってますか? 那須高原の。
ニキ・ド・サンファルとの交流から、私費でこの美術館を創設した増田静江さんが
先頃、他界され、8月31日をもって閉館するのです・・・(悲)。
ここも、長戸門をくぐっていく敷地に入る、すてきな佇まい(のよう)です。


車の中から看板は見て知っていたしニキ・ド・サンファルの名前も作品も上野に画廊がある頃から知っていました。
しかし、閉館してしまうとは・・・夏休みは那須で過ごします。行かない訳にはいきません。


ニキ美術館は、現代を代表する女性彫刻家、ニキ・ド・サンファルの作品のみを展示する世界で唯一の美術館です。
館長のYOKO 増田静江さんは1980年夏に、ニキ・ド・サンファルという仏女性造形作家の世界に、挑発されて、東京上野に画廊スペースニキをオープン。1994年から那須高原に念願のニキ美術館を開設したとあります。

ニキ美術館


四季折々の風景が楽しめた事でしょう。ダンシングナナが道案内♪
ニキ美術館


ニキ美術館

古き良き和風家屋の趣きと自然を考慮した庭
しかし、その建物に一歩、足を踏みいれてしまうと、異次元の世界、色彩の洪水が押し寄せてきます。

ニキ美術館

ニキ・ド・サンフェルを有名にしたのは「射撃絵画」というパフォーマンスです。
これは絵の具を入れた袋や缶をキャンバスに埋め込み、それをライフルで撃って破裂させ着彩する彼女独自の技法です。
ニキは内なる怒りの感情をダイレクトに表現する射撃絵画という方法をとりました。
「テロリストになる代わりにアーティストになった」というニキの言葉がそれを表しています。

その後、豊満な女性像「ナナ」を作り始めます。コミカルな外見で、様々な姿で作られているナナ達はその悲喜こもごもを表しているかのように思えます。
彼女の独特の色使いやなんとなくユーモアを感じる仕草、それは彼女の優しい気持ちからなのでしょう。その表現は直感的で素直な、子供のように活き活きしたものになっていると思います。

初めて目にしたニキ(絵手紙)と館長のYOKO 増田静江さんとの手紙には気持ちの良い信頼関係が感じられます。

スタッフの方が移転先を探していると仰っていました。

ニキが私財を投じて南イタリアトスカーナ地方で20年かけて作られたタロットカードをモチーフにした「タロットガーデン」。

ニキのダイナミックな作品達、青く突き抜ける空のしたでニキのアートを感じてみたいです。

追記:ニキ美術館の敷地内にはドッグランもあります。
館内に犬は入れませんがドッグランで遊ばせて交代で鑑賞できるようにとの心遣いです。
犬にも優しい嬉しい美術館です。
閉館前に皆様も是非♪


那須の旅、後半に続く

| お出かけ | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderdogs.blog5.fc2.com/tb.php/358-7798b178

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。