PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルーシー・リー展に行って来ました。

国立新美術館で開催中の
「ルーシー・リー展 ウィーン、ロンドン、都市に生きた陶芸家」に行って来た。



ルーシー・リー展全てをそぎ落とした素晴しいポスター


大好きな陶芸家ルーシー・リー

素晴らしく研ぎ澄まされた美しいラインと、大胆で、繊細な色使い。
ルーシー・リーの釉薬調合への飽くなき挑戦。
彼女の凛としたすがすがしい作品は、使ってみたい、側に置きたいと、見る人に思わせる。

「窯を開ける時はいつも驚きの連続」。
1995年93歳でこの世を去るまで、瑞々しい驚きと発見に満ちた陶芸制作に打ち込んでいた事がこの言葉に象徴されている。
ルーシー・リーはウィーンに生まれたユダヤ系の陶芸家で、ナチスの迫害から逃れるため1938年にイギリスに移住する。
戦時中、生計を立てるために制作していたボタン。
その可愛らしいボタン達の展示もとても楽しい。
デザイナー三宅一生は、ルーシー作の陶器のボタンから発想した服をデザインした。

ルーシー

自らのセンスを形と線で表出しつづけたひと、ルーシー・リー。
70年以上も陶芸に打ち込んだ見事な生涯。


楽しそうに轆轤を回す、小柄な可愛いお婆さんのルーシー
ルーシー
好きなことをして気がついたら歳をとっていた・・・・

羨ましい限りだ。


会期は21日までとあとわずか。お見逃しなく。

ルーシー・リー展 公式サイト


| 観て 聴いて 読んで | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderdogs.blog5.fc2.com/tb.php/447-c22ba45f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。