PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SATND BY ME 本日最終日

いよいよ本日最終日です。

昨日は彼らも会場入り口まで応援に来てくれました。
DSC02649

会場ではcucharaさんとM.O さん制作のスライドとPM制作のスライドが常時流れております。
cucharaさんとM.O さんありがとうございます。


皆様お見逃しの無いように!!

初日のアンケートの一部を紹介いたします。


・犬を飼って初めて里親、処分されてしまう今の状況を知りました。今は新しい子を家に迎える事はできないけれど、今は今出来る事。その時が来たら必ず家族を求めている子の中から家族を迎えたいと思います。
主婦 女性 48歳

・以前飼っていた犬や猫が亡くなり余りに悲しい思いをしたので、それ以後動物を飼うのはやめました。今日写真を見て、動物と一緒に暮らし、彼らの最後を看取ることも人生のひとつなんだと気持ちが変わりました。
主婦 女性 59歳

・犬が大好きで色々なイベントがある度に足を運んでいます。日本は動物に対する法律が甘く、多くの命が失われている事にとても心が痛みます。日頃私達を癒してくれるペット達が生きやすい国になります様願ってやみません。以前里親になりました。現在も2匹の犬を飼っていますが、今度家族を迎える子も又里親制度を利用したいと思います。スタッフの皆様のお力があってこそ!!今日は本当に有難うございました。
主婦 女性 52歳

・私も里親募集のサイトで見つけたうさぎを飼っているのですが、もしこの子が写真にあったような環境の中で殺処分されていたら…と思うとぞっとしました。欲しい物がいつでもどこでも手に入る日本は便利ですが、動物は「物」ではありません。ペットを飼うにはあたって、もっと厳しいルール・法律をつくるべきだと思います。
学生 女性 19歳

・実家が動物病院なので、常にペットのいる暮らしをしてきました。今は親元を離れてペットもいませんが、近いうちに飼いたいなと改めて思いました。やはり「ペットは家族」と強く感じました。
会社員 女性 34歳

・モノクロの写真が悲しいが、カラーになってからの人と動物の表情に救われる。
会社員 男性 36歳

・親と離れてうちに来てくれたワンちゃんの気持ちをもう少し考えようと思いました。限られた時間、どんなときも一緒にいてあげたいです。現在被災地で家族と離れ離れになっているワンちゃん達に何かできないだろうか?
学生 女性 20歳


・我が家の子供達の成長を淋しさを感じ始め、子供の頃の犬との生活を考えるようになった。今日の写真とコメントを見て、犬を淋しさを埋める道具としてではなく、家族として迎える覚悟をしなければと思った。
主婦 女性 45歳

・体の不自由な犬を飼われて面倒を見てあげ、幸せを感じていらっしゃる事に感動しました。
会社員 女性 59歳

・ペットは飼った事はないのですが、ずっと欲しいと思っていました。しかし、育てられなくなった時の事を考えると責任をもって育てる決意がないと飼ってはいけないのだと思いました。
学生 男性 21歳

・一ヶ月ぐらい前に飼っていた猫が亡くなりました。家族で楽しく毎日を過ごす事ができました。きっと幸せだったと思います。私も幸せでした。殺処分されてしまった犬・猫もそうなるべきなのに…と悲しく思いました。私は本当はあまり動物が好きではないのですが、人間の勝手で殺処分されるのはおかしいし、かわいそうだと思うので、いつか大人になったらそんなかわいそうな猫や犬を飼ってみたいな、と思います。そして、ペットショップというものがありますが、殺処分されてしまう動物がたくさんいるのだからペットショップは必要ないのに、と最近よく思うようになりました。何もできないのが悔しいけど、とても深刻な問題だと思いました。
学生 女性 15歳

・避妊の必要性を強く感じました。
会社員 男性 30歳

・現在ドッグセラピストの仕事をしています。今回の写真展は犬たちとオーナー様たちの笑顔が本当にステキでした!!次のパートナーは里親犬にしようと思っていた意思がより一層強くなりました。
ドッグセラピスト 女性 29歳

・全ての犬猫が人間と幸せに暮らせるといいなと思う。一つの命のもたらす喜びを知っているので最期の時まで大切に過ごしたいと思う。
無職 女性 30歳

・ペット=ペットショップで「買う」モノという考え方が元来好きではありません。昔犬を飼っておりましたが、彼はもらいっ子雑種でしたし、お金を払って、アクセサリーのように家族を選ぶ感覚は何故こうもはびこっているのでしょうか。こちらの考え方に深く共感させられるものもあり、自分の今迄の考え方に自身がもてました。日本は動物愛護の観点ではまだまだ遅れていますよね。これからも今迄どおり、ペット希望の知人には「シェルターや保健所にイイコをみつけにいってみて!!」とすすめるつもりです。
主婦 女性 31歳

・最近15年一緒だったネコが死にました。この様なペットを見ると、長い間一緒に過ごせた事、最期まで見届けた事、長生きしてくれた事が本当に嬉しく思えます。どうか多くの里親が見つかりますように。
主婦 女性 44歳

・たくさんの幸せそうな犬たちを見て、写真とはいえ心がなごみました。…そうですよね、人間だって病気するのにペットが病気になって、ましてや生きているモノを捨てるだなんて…ひどいですよ、ホントに。うちはペットが飼えない家だし、子供もいるので里親にはなれないけれども、今まだ本当の愛を受けていない犬たちが一日でも早く幸せに生活できたら…と思います。
主婦 女性 26歳


・我が家は3世代に渡って動物が大好きです。すぐにでも一緒にいることができるのならば家族の一員になってもらいたいと思います。
主婦 女性

・ペットを最期まで責任をちゃんと持って飼う。当たり前の事が難しいことだけどその気持ちを持ち続けたい。愛情を他の子たちにも向けて少しは助けられる人間になりたい。
主婦 女性 36歳



先日は706人というたくさんにのお客様にお越しいただきました。

ありがとうございます。
残すところ今日一日、皆さまのお越しをお待ちしております。




そしてもう1つのStand by Me今日からです。

cafe8_3


| お知らせ | 07:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

mary mary さま

お忙しい中本当にありがとうございました。
お目にかかれてとても嬉しかったです。

W3に会っていただけなかったのが残念です。
次回のお楽しみにいたしましょ♪

| レイレイ | 2011/04/04 11:18 | URL |

先日はありがとうございました。
お会いできてとても嬉しかったです(*^_^*)

もう少し待っていればでW3に会えたのに・・と。

お疲れさまでした(*^_^*)

| mary mary | 2011/04/03 21:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderdogs.blog5.fc2.com/tb.php/539-89c38202

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。