PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南三陸町

ホテルから出ている被災地を巡るバスです。
乗客が多くなりバス2台で出発しました。

CIMG9676



bus1




ボランティアの方々のテントです。
CIMG9695



2012年6月28日の南三陸町の様子です。
CIMG9674

震災から1年3か月以上たっています。




CIMG9670




CIMG9641




CIMG9702


残っているのは家の土台だけ。 まるで遺跡を見るようです。

CIMG9699




CIMG9723




75人の死者・不明者を出した公立志津川病院
CIMG9713
1階の屋根部分に船が乗ったままです。



職員の殆どの方が犠牲になった「防災対策庁舎」
CIMG9707

この場所で職員の遠藤未希さんは最後まで防災無線で呼びかけていました。


献花台が設けられています。 多くの方が手を合わせていました。
CIMG9715

私達も手を合わせました。「やすらかに・・・」祈ることしかできません。



CIMG9703



CIMG9716
「なつかしい 未来へ 」  南三陸町の皆さんの気持ちなのでしょう。





みんなの笑顔に逆に癒されてしまいました。
CIMG9726

見違えるほど元気になった南三陸町を見にまた必ず、来ます!! 

友人のFさんご夫妻 いつも泊めてくれてありがとう。
美味しいお食事まで甘えています。
Fちゃん次回はどこの温泉かな?楽しみです。 
いつでも歓迎してくれる友人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。



昨年、今年と訪れてみて、本当はもっと持ち直しているのではと期待を胸に東北に向かいました。
さすが仙台は震災前と同じような様子に戻っています。
しかし海沿いの被災地の復興はまだまだ見通しがつかないようです。
福島では多くの人々が原発事故で帰れないままでいます。
政争に奔走している政治家たち、復興や支援に心を砕く政治家はいないでしょうか?
「国民の生活が第一」  ならば・・・被災地ともっと向き合ってほしいと思います。







| 旅日記 | 13:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

moomy さま

こちらこそお世話になりました。
ほんとうに綺麗な海でした。
あのようなことがあったなど微塵も感じさせない美しく優しい海でした。
恵みの海、まさしくそうですね、
人間は自然に対してもっと謙虚にならなくてはと強く感じました。

お目にかかれる日を楽しみにしております。

| | 2012/07/31 14:42 | URL |

レイレイさま

被災地をお訪ね下さり 被災地にお金を落として下さり
ありがとうございます。
あの恐ろしい津波のあった海と同じ海とは思えない追波湾の美しさ
自然は不思議で恐ろしく又、美しく豊かな恵みももたらしてくれます。
人間はちっぽけな存在だけれど一生懸命出来る事を考えながら生きてゆくしかありませんね。
また来年もおいでくださいね。お待ちしております。

| moomy | 2012/07/29 20:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderdogs.blog5.fc2.com/tb.php/680-80459a25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。