PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北の旅 最終編

石巻港に到着、まだ朝9時前です。
そこからYさんとご一緒してタクシーで石巻駅前まで行きました。
彼女は東京で仕事があるのでここでお別れ

友人のご主人と仙台で待ち合わせをしている夕方まで、私たちには時間がたっぷりあります。

早起きは3文の得とは良く言ったもの、一日を有効に使えます。

CIMG2090


観光タクシーに女川港、石巻港、日和山を回ってもらうようにお願いしました。

とても紳士的で親切な運転手さんの説明を聞きながら回ります。

CIMG2094



2年以上経った今でも津波の恐ろしさを感じぜずにはいられない光景が各所に残っています。


女川港です。

CIMG2098

港自体を根こそぎ持ってかれたように何もありません

現在は何処も瓦礫の撤去がほぼ終わり底上げと堤防の工事が入っているようです。

私たちがいるのは高台にある病院です。この病院の1階まで津波は来たそうです。

CIMG2099
どんなに恐ろしかったことか・・・・

女川といえば女川原発があります。
放射能漏れなどの事故があったらと想像するだけで背筋が寒くなります。



宿泊施設です。
津波で町の8割を失った女川、復興の為にも宿泊施設が必要と震災から1年9ヶ月後
洒落なトレーラーハウスの宿泊施設エル・ファロができたそうです。
CIMG2110

エル・ファロのホームページ



こちらは女川の3階建ての仮設住宅、まるでアパートですね。
CIMG2109




「きぼうのかね商店街」の入口です。
CIMG2121




はがれきの中から見つかった「希望の鐘」をシンボルとし、
震災で被害を受けた女川町の商店と町のみなさんの生活の復興のために開設された商店街です。
CIMG2117



女川港のランドマークだった「女川マリンパル」
今は影も形も残しておりません。
友人は以前、「女川に遊びに来てマリンパルで食事をした」・・・・と感慨深げでした。

途中、「女川マリンパル」仮設のお店に寄りました。

CIMG2123




CIMG2124




石巻への道です。

CIMG2125






船がぶつかった痕跡も生々しい橋
CIMG2127





CIMG2153





解体が進む石巻市立病院
CIMG2158





石巻港です。
すでに解体されていますが津波に流され横転した「巨大缶詰」を思い出します。
CIMG2140




お魚の処理場も再開しています。
CIMG2143
今は鰯漁の時期だそうです。




津波により亡くなった園児たちを悼み、お地蔵さまがたっていました。
CIMG2165

家があった所なのでしょうか瓦礫が撤去された跡地にお花を備えてある場所が幾つもありました。




TVや新聞などでもよく目にした「がんばろう石巻」の看板です。
瓦礫の撤去は終わっています。
CIMG2169





CIMG2170





日和山頂上です。

住民たちが津波を避けるために頂上を目指し、そこで自分の家が押し流されている光景を目の当たりにする様子がTVに流れていました。
CIMG2178
日和山の頂上から町を見下ろしながら運転手さんに「こんな大きな災害に東京が見舞われたら、皆さん達のように協力し合い前向きに行動が出来るかどうか・・・東京に住む私には疑問です。」と言ったところ
「そんなことは、無いですよ、みんな困ったときには必ず助け合いますよ・・・・」
続けて「被災後の大変な時、各地の皆さんから助けていただいて、心から感謝しています・・・」

ほんとうに助け合えるのか・・・・
震災時、東京では水や電池、パンなど買い占めがあった現実が頭をよぎります。

東北を訪れる度、皆さんの直向きな粘り強さと温かい心を感じます。



左の白い建物は石の森萬画館です。
右側の奥には7割の学生が死亡か行方不明という悲劇があった大川小学校があります。
CIMG2184




石巻の商店街です。
こんな高さまで水が来たらどうしようもありません(黒矢印)
CIMG2187

商店街を抜け石巻駅、ここで観光タクシーは終わりです。
車の中でもいろいろとお話を伺えました。ほんとうに観光タクシーを使って良かったです。
絶対にお薦めです。


高速バスに乗って仙台駅まで戻ります。

偶然ブルーインパルスの練習飛行が見えました。
真っ青な空をマッハのスピードでアクロバット飛行するそのさまにしばし見とれておりました。
CIMG2195

仙台で友人のご主人と3人で美味しい晩御飯
今回の東北旅行最後の食事です。
ことしもお世話になりました。友人夫婦が東京から大阪へそして実家のある仙台へ
私はずっとお世話になりっぱなしです。ありがとう 心から感謝しています。


その友人からメールをもらいました。

私が名前を忘れてしまった猫
CIMG1971
この子はサカちゃんです。
墓地に捨てられていたこの子を坂口さんという友人が拾ったので名前をいただいて
サカちゃんだそうです♪

Moomyさま、友人のFご家族、お世話になりました。
皆様のおおかげで楽しく、有意義な東北への旅が出来るのです。
心から感謝しております。



訪ねた被災地の港では瓦礫撤去から底上げ工事に入っていました。

原発再稼働が叫ばれています。喉元過ぎれば・・・なのでしょうか?
福島ではまだまだ苦しんでいる人々が大勢います。
国民から忘れられるのが一番怖いと言っていました。


これからも東北に旅する時には被災地を訪ね、その様子を自分の目で確かめていきたいと思っています。


| 旅日記 | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderdogs.blog5.fc2.com/tb.php/779-6b92eec9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。